2014年09月26日

あみのここ(東京)



琳乃 2014年4月19日
東京セッション会の後、ヒッポウインタビューを行いました。



今日はありがとうございます!今回は、2回目のインタビューですが、
網野さんがヒッポウさんになられてご自身の中で、ハーモニーベルの
セッションを通じて変わったと感じた事をお聞きしたいと思います。

網野さんがヒッポウになられて、何年ぐらいになりますか?

網野

7年ほど前ですね。

琳乃

もうそんなになるんですねぇ!

網野

最初のころは、東京にヒッポウさんが少なかったんですよね。
東京でヒッポウさんのトレーニングを受けるの最初だって言われたんです。

琳乃

初期の頃でしたもんねぇ。
網野さんがヒッポウになって、今までセッションをしていて、
何年もたって凄く変わったなぁ~と、自分で思う事ってありますか?内側とか…。
その時の状態ってみんな違うと思いますが、今6、7年セッションをし続け
スタイルが変わった事ってありますか?

網野

何かやらなければとか、そういうのがありましたね。
自分を外に向けて、目的を持ってそっちへ行く感じでしたね。
以前は、外へ向いてたし、時代だったのかな…。
あんまり休んでいられなかったんですよね。
自分を変えたいみたいなのがありました。

ですが、今は自分が内側に向いているし、自分と親しい人とどうありたいか、
凄くのんびりしてる、前よりは穏やかになってますね。
自分のペースで休めるというか、自分を取り戻しているような気がしますね。

琳乃

それは、全体的に見てですか?

網野

そうですね。 関わっている人も変わったし、ベルは続いてるけど、
仕事に関してもスタンスも違うし簡単に、これからどうしようって今考えてる最中ですね。
前はずっとやっていくって考えてた事を、「あれ、違う」ってなって。

琳乃

全体的にそうなんですね。

網野

はい、ベルをやっていたからなのか、時代に沿ってなのか分かりませんが、
予期してたのとは違いますね。悪くなっているわけではありません。
色んな事を手放していきやすくなってるんですね。

琳乃

ヒッポウさんの中でも、何か変わり目とか、感じてる方が多いんですよね。

網野

決断する時って、苦しい感じがあるんですけど、
でも1月に交換セッション会があって、凄く助けになったと思うんですよ。
それで決断して、次のところに行く時、今は次に向かって行ってる感じですね。

行った事ない所だと、見えないじゃないですか。
だから、なんかより自分らしくなるというか、本当の自分ってどうなんだろうとか、
どう生きたいんだろうっていう所に、向かいやすくなったのかなーって思いますね。

琳乃

自分がそういう変化があって、環境とか、周りが変わったなどありましたか?

網野

はい、凄く変わりました!
関わってる人たちも違うし、居る場所も違うし、
去年からまた凄く変わってるので、凄く静かになってますね。

琳乃

それっていうのは、内面的にという事ですか?

網野

内面もだし、人もですね。 凝縮して色んな事が早く過ぎたような気がしますね。
何年間で、きっともっとかかったものを「ガー」って動いたし、
ベルがあったから、やっぱり北海道に行ったりとか、
ちょっと関西行ったりとかできましたね。
もっと色んな人に知ってもらえたら良いな、と思いますね。

琳乃

確かに、網野さん行動範囲凄く広かったですもんね。

網野

はい、でもやっぱりベルがあったからですね。
仕事の質も変わったし、外に向いていたのが、内側になって、今再生中ですね(笑)!

その時の自分にとっては必要な事をやっていて、これからの自分に必要な事を
今戻してる感じで、今、自分に必要なんだなって思いました!
やってるより、受ける方が凄く気持ちよかったので、私はやってほしいですね(笑)!

琳乃

そうですね、私もそれはありますね。 自分も受けたい!っていう。

もちろん、ヒッポウさんは、やる側なんですけど、自分も受けたい!
っていうのがありますよね。だから本当に、今回ノノフラッシュを
ノノのある分だけ全部作ろうと思ってるんですけど
発表はその時のタイミングに合わせて出そうと思っています!

網野さんにとって、自分の生活の中にハーモニーベルが
密着してるっていう感じなんですかね?

網野

受けてくださる方がいるので、なかなかできなかった時もあったんですが、
たまたま交換セッションをやりませんかって話があって、受けると良いですね。

琳乃

そうですね。確かに、同じプログラムでも、ずーっとやり続けていて、
なんかこう本当に違うんですよね。でも、今網野さんが言われたみたいに、
本当にやらない時期があったりとか、やったりとか。
ヒッポウさんは本当にみんな違うから、そこは本当にご自身にお任せしてるところですね。

網野

お客様だと、来てくれないとできないので、なにか新しい形でね。

琳乃

この間も京都でセッション会を行った時に、お客様がいらして、
継続ができないっていうのが多かったんですね。3まで受けて4に入れないっていうね。
お客様が続けてセッションを受けに来られないっていうような現象じゃないですけど
そういうのが今多いんじゃないかなって言ってました。

網野

ねぇ。どんな感じでしたらいいんですかね。

琳乃

そうですねぇ。やっぱり、長年セッションをやられてて、
皆さんいろんな工夫をされてやってこられたと思うんですけど。

網野

私は、何も工夫しなくてもお客様が来てくれたんですけど!(笑)
やっぱりそれは、ベルの力とか、何かあったと思うんですけど、
時代だったのかな…。すごくみんな焦って受けてる感じで、
結構ソシズノノ6まで受けてくださる方が多かったんですよね。
去年ソシズノノ6まで受けて、トレーニング受けてくれた方がいらっしゃって、
今続けてやってる方って少ないんですけど。

琳乃

そうですね。網野さんのサロンで受けられてる方、多いと思います。
ソシズノノ4からが凄いですものね。もちろん、ソシズノノ3まで良いんだけど、
4からは凄く変化するので、ぜひ受けてほしいんですね。

網野

そうですね。わたしも やっていて、ソシズノノ3も良いけど、
ヒッポウさんがソシズノノ4からソシズノノ6を受けられると、
ヒッポウさん自身が変わるって感じがしますね。セッションをさせていただいて
凄く受けるって良かったんだなって思うんですよね。今思うと。

なかなか手放せない物ってあると思います、自分では何を思ってるかも
分からないんですけど、自然に動いてきた感じがするんで、
音って理屈じゃない感じがしますね。

琳乃

そうですねぇ。 波に乗ってるって感じはありますね。

網野

楽な事ばかりじゃないですけどね、起きてる事が「え?」みたいな。
早く過ぎてるのかなって気はちょっとするんですけど。

琳乃

確かに、音はセッションをやればやるほど自分の体にも音が入っていくので、
変化が凄くあると思うんですよ。繊細になるから。

お客様も凄く浄化されるけど、ヒッポウさんも凄く浄化が早まるから、
ヒッポウさん自身そこは、ケアをしていかないといけないと思います。
ノノフラッシュとか、やってもらったら、凄く身体が整うと思うんです…。
私達も、沢山のセッションを受けて、身体や内側のバランスを
整えるためセッションをしていますね。また、今現在の網野さんは、
自分の内側に変化があって展開としてはまだ考えてない、という事ですかね?

網野

やっぱり、新しい事っていうのと、でも今までやってきた事を
踏まえてやりたいなっていうのと、なんか楽しい日々を送っても
良いんじゃないかみたいな…。毎日!(笑)

琳乃

ですよね。

網野

そういうのを選んで望んでいったら、出来なくはないんじゃないかな?
って気がします。今までなんかね、周りに合わせてきたから、そうじゃない、
新しい世界で同じような人と一緒に居て、生活もできるみたいな。
皆が求めてる事なんじゃないかなーって。

東京ってストレスが多いから、みんな大変なんだけど、何で楽になるかって知らないし。
本当に、自分が大変だったから色んな物を探してやってきて、相性があるけど、
こういうものもあるんだよっていうのを、怪しくなくて、でも気持ち良くて
楽になる物っていうのを伝えてあげられるようになったら良いな、と思います。

で、何人か仲間もいながら、そういうパワーが集まってできたらいいなー!
っていう風には思います。

琳乃

そうですね。確かに、仲間がいるといいですね。
なんかこう、コラボしたりとか、後イベントしたりとかっていうような。
そういうようななのも良いかなってね。

網野

やってるだけだと、やっぱりなんかバランスが悪いから、
やったりとか、してもらったりとか。
バランスを取りながら、やれる事が良いんだろうなっていうのとはありますね。

すごいもったいない!!と思うんですよね。
ハーモニーベル、凄く良いものだけど、あまり知られてなくて!

琳乃

確かに!(笑)

RFSのホームページをご覧になったお客様から、商品の金額(高い)が
他社と違うので、お問い合わせをいただいた事があります。

やっぱり、説明をさせていただくと納得していただきますね。
(オリジナルのベルでセッションを作成していることや、
日本製のベルを使用していることなどお伝えいたしますと)

あんまり知られてないですけど、昔と比べて、音叉のHPも
ちょっとずつ増えてきてるので、色々皆さん見られてるみたいです!

ぜひぜひセッションを、もうちょっと前に出してほしいっていう、
ヒッポウさんの意見なので、セッションの良さを伝えたい!と思ってます!

みんなセッションに関して信頼があって、凄く変わるって自分で分かってるから、
やっぱりそこをもっと伝えていきたい。網野さんが言われたように、
それを知られてないっていうのが凄く残念…。

網野

凄く難しいですよね。 良いものなのにね。

琳乃

私たちもどう表現したらいいのかなっていう。
やっぱり、受けないと分からないっていうのがあるんですよね。

凄く疑わしいというか…。実際にアルバイトに来てる子は、そうやって入って来てるから、
実際にセッションを体験して初めて凄いんだ!って言う!(笑)
長くヒッポウ活動をされてる方のお話を聞くと、皆さん生活のスタイルが
変わってきてるってお聞きしてたので、どういう風に変わってきているのかな~?
っていうのを、ちょっとお聞きしたかったんです!

網野

地に足がついたかなって思いますね。
毎日の生活をちゃんとっていうか、しながら今の瞬間を大切に、
楽しくしていけることなんだなって。

琳乃

そうですよね。 言葉で言ってても、
自分で理解してないことってあったり、そう思っててもできなかったり、
結構あると思うんですね。私達もそうですし。

ヒッポウさんはアンテナが凄く敏感なので、ヒッポウさんが思ってることを
RFSがキャッチできるようにアンテナをはっていないといけないと、思ってます!(笑)

本日はインタビューありがとうございました!
貴重なお話を聞かせていただきました。

網野

はい!ありがとうございます。

RFS

◆網野さん、今日はインタビューをいただきましてありがとうございます。
ヒッポウさんの歴史を感じました。人は変り続けていくこと、
その変化も楽しんで受け入れていける、ヒッポウさんとは、
チャレンジをし続ける方だと思います!



category:★ヒッポウインタビュー